• 参加学生の声

  • 参加学生の声

    2018年夏の復興・創生インターン

復興・創生インターンに参加した学生に聞いてみました

2018年夏の参加学生の声

問い1 復興・創生インターンに参加してどのような成長が得られましたか?

全く感性の違う仲間とチームを組んで一つの目標に向かって取り組んだ。

【大学院1年(男性)】

人間追い込まれたらなんでもできること。

【大学2年(女性)】

ただ単に言われたことをやるのではなく、自分から考えて行動することが大切だと気づいたこと。

【大学2年(女性)】

限られた人材、企業の体力の中で、新商品がどのようにすれば売れるようになるのかという経営的戦略の構築を経験し、その力は身に着いたと思う。

【大学1年(女性)】

最後まで諦めない力

【大学1年(女性)】

もっと見る

  • 【大学院2年(男性)】年齢差が大きいチームだったので、様々な考え方に触れることができた。
  • 【大学院1年(男性)】人との距離の詰め方
  • 【大学4年(男性)】言語化されていないことを言語化すること。答えがないモノに挑戦したこと
  • 【大学4年(男性)】企画力
  • 【大学4年(女性)】コミュニケーション能力、現状課題理解力、行動力
  • 【大学4年(女性)】問題に直面した時にどうすればいいか主体的に考える力がついた点
  • 【大学4年(女性)】視野を広げること
  • 【大学4年(女性)】自分で考えたことを企画し、実行に移すまでのマネジメント力
  • 【大学3年(男性)】客観的視点、と人ととの出会いを通じてたくさんの方々の考え方や、見方を吸収できました。
  • 【大学3年(男性)】仮説、検証を行う上での企画提案
  • 【大学3年(男性)】議論する力
  • 【大学3年(男性)】考え方が180度くらい変わった。
  • 【大学3年(男性)】企画考案
  • 【大学3年(男性)】自らアクションを起こすことによって、環境は変えることに気づけたこと、また体幹できたことにより、成長できたと考えている。
  • 【大学3年(男性)】自ら問題を発見し、その課題と解決策、さらに今回の場合にはその具体的な案の実践など、一連の流れを理解、実践できた。
  • 【大学3年(男性)】タスクに向けてそれを実現するまでの考え方、作業効率、プロセスなどの感覚が身についた
  • 【大学3年(男性)】コミュニケーション能力
  • 【大学3年(男性)】実行に移す力
  • 【大学3年(男性)】自ら進めていく力
  • 【大学3年(男性)】インターン生だけでなくメンターの社員さん、他の社員さん、さらには関連企業の方を巻き込んでミッション達成に向けてドライブする。
  • 【大学3年(男性)】業務を通じて、漁業や製造業への知識が深まった。シェアハウスでの生活の中で人間的に成長した。
  • 【大学3年(女性)】自分の考えを人に伝えることを妥協してはいけないことを学べた。
  • 【大学3年(女性)】ものごとには、全て理由付けがあること
  • 【大学3年(女性)】1つの目的のためにどんな手段が必要なのか考える力、現状を知ってそれに対して行動する力がついたと思います。
  • 【大学3年(女性)】もともと地域活性化やまちづくりに興味があったのですが、具体的に何をすれば地域活性になるのかなどはわからなかったのですが、今回の実務的な企画立てを行い、地域活性やまちづくりを実際にしている方々に貴重な話を伺えて、具体的なビジョンを抱けるようになりました。
  • 【大学3年(女性)】自己を改善する力、改善しようとする意識が身についた。
  • 【大学3年(女性)】1つの業界に就職することしか考えていなかったが他の業界も考えられるようになった。
  • 【大学3年(女性)】何度も計画、検証し、作品をブラッシュアップしていくこと。デザイン思考への興味。
  • 【大学3年(女性)】ライターとしてのスキル面、自分と向き合うことができたこと
  • 【大学3年(女性)】周囲の協力を得ること
  • 【大学3年(女性)】自分から前に出て取り組むこと
  • 【大学3年(女性)】いろんな立場の方と関わることで自分の振る舞い方や相手の気遣いの大切さがわかりました
  • 【大学2年(男性)】マーケティング能力
  • 【大学2年(男性)】物事に対して「なぜ?」といった視点で考えることが多く、思考力や客観的視点を持つ機会となった。
  • 【大学2年(男性)】考えや視野が広がった。
  • 【大学2年(男性)】知らないことをたくさん知ることができた、色々考えられるようになった。
  • 【大学2年(男性)】自信
  • 【大学2年(男性)】やり抜く力を培うことができた。
  • 【大学2年(男性)】仮説と検証
  • 【大学2年(男性)】とりあえずやってみようと思えるようになった点
  • 【大学2年(男性)】自己概念がついた。
  • 【大学2年(男性)】企画運営能力
  • 【大学2年(女性)】今まで自分の考えを自分から発信したり伝えることをしてこなかったため、今回のインターンで自分の意見を積極的に相手に伝える大切さ、勇気を学び、獲得することができた点。
  • 【大学2年(女性)】自分が甘いと気づけた点
  • 【大学2年(女性)】さまざまな人との関わりあいかた
  • 【大学2年(女性)】仮設検証を繰り返すプロセスで物事に取り組めた。
  • 【大学2年(女性)】壁にぶつかった時に、整理する術を身につけられた点
  • 【大学2年(女性)】協力して頑張る力
  • 【大学2年(女性)】知らない人とのコミュニケーション力
  • 【大学2年(女性)】課題を見い出す力
  • 【大学2年(女性)】初対面の人と以前より協働出来るようになった、また、もっと色んなことに飛び込みたいと強く思うようになった。
  • 【大学2年(女性)】視野が広がり、いろいろなことに興味を持てた。
  • 【大学2年(女性)】インターン中は、目標達成のために自分で何をすべき毎日考えなくてはいけなくて、プレッシャーではあったが、それに耐えて結果を出すことができた点。
  • 【大学2年(女性)】「地域で働く」という新しい視点を得た、「インパクトを残す」という自分として持っていた課題感を課題として残すことなく達成できた。
  • 【大学2年(女性)】8人分の晩御飯を作ること、仮設検証の繰り返しによりターゲットをおいたうえでの考え方
  • 【大学2年(女性)】考えを言語化する力、順序だてて行動する力、社会人としてのマナー、状況把握力、チームで行動する力
  • 【大学2年(女性)】自分に不足する能力を見出せた点
  • 【大学2年(女性)】人への想いの伝え方と挑戦することに対する考え
  • 【大学1年(男性)】置かれた状況の中でいかに自分を出すか、について考えながら取り組むことの重要性を学ぶことができた。
  • 【大学1年(男性)】自分の行動について考えるようになった点
  • 【大学1年(男性)】周りと自分を意識する点
  • 【大学1年(男性)】逆算思考
  • 【大学1年(女性)】Excel技術、コミュニケーション力、個人で動き出す力
  • 【大学1年(女性)】自分でアプローチ方法を考え、実践・実験という一連のプロセスでどのようにやればいいのかという効率的な方法をより考えられるようになった。
  • 【大学1年(女性)】何かを決定する際根拠を明確にするようになった。
  • 【大学1年(女性)】インターンをやりきった。
  • 【大学1年(女性)】コミュニケーション能力が向上しました。
  • 【大学1年(女性)】自信が付いた。自分の将来に新たな選択肢が増え、夢、今やるべきことが具体化した。
  • 【大学1年(女性)】親や教師以外の大人の方たちと話すことで、自分の理想とする像を以前よりも具体的に描けるようになった。コミュニケーションの取り方を考えられるようになった。悩むことにポジティブに向き合えるようになった。フラームワークの違いを意識しながら、対話をすることができた。自分の素を出せるようになった。新しい価値観を見つけられた。自分の嫌だった過去に向き合いきれた。
  • 【大学1年(女性)】自分自身で課題に対してどうすれば良いか考え、計画して空を実行するということを的など何に対してもいい積極的に行動できるようになりました。
  • 【大学1年(女性)】スケジュール管理の仕方を学び、それまでの苦手意識を克服できた。
  • 【その他(女性)】企画力
  • 【その他(女性)】会社で働く上でどのような役割や責任があるのか。また、時間設定をして目標に取り組むことで自己管理の大切さを学んだ。

問い2 被災地に対しどのような印象を持たれましたか?

辛い経験をしたはずなのに、そこで生活を営む人々には元気があった。

【大学院2年(男性)】

震災を挑戦と捉えている。

【大学4年(男性)】

人が暖かい、気候が涼しくて過ごしやすい、食べ物がおいしい。

【大学3年(女性)】

実際に自分の足で来て見てみることによってメディアで得る情報以上のものを得ることができた。

【大学2年(男性)】

みんなすごい生き生きとしている。

【大学2年(男性)】

放射線量について偏見があり、福島含め東北地方は未だ線量が高いと思っていたが実際は自分の住む場所とあまり変わらず、みんな私たちと同じように生活していたことから、報道の偏りや情報の少なさから誤認していた意識が変わった。

【大学1年(女性)】

町がにぎわっているのを見て復興が進んでいることを感じた。

【大学1年(女性)】

もっと見る

  • 【大学院1年(男性)】昔の面影を感じる場所が少なく、被災地というイメージを抱く時間の方が少なかった。
  • 【大学4年(男性)】多くの人に触れた。
  • 【大学4年(女性)】久之浜の方々は穏やかで愉快な人が多かった。また、復興に向けて意欲的に取り組む若い人々にも会えた。
  • 【大学4年(女性)】家や財産が流されているにも関わらず、人がとても前向きに心豊かに生活している様子を見た。
  • 【大学4年(女性)】震災の現実を知ることができたことと、そのような中でも人々が逞ましく生きていると知ることができた。
  • 【大学4年(女性)】「避難解除から1年が経ち、復興に向けての活動がようやく始まった町」「人口が震災前の5%しか戻っていない」「町内の半分以上がまだ、帰還困難区域に指定されている」など、インターン前に得た事前情報は、まだまだ復興の始まったばかりの大変な町という印象がありました。これらの情報は、事実として間違ったものではありませんでしたが、この状況についての捉え方はインターンを通して大きく変わったと思います。この状況だからこそできることを考えて、活動されていらっしゃる方が浪江町にはたくさんいらっしゃります。そのような方々の存在が、町を明るくしていると感じましたし、私がインターンシップ先として活動させていただいた「一般社団法人まちづくりなみえ」もその一つでした。実際に1か月生活してみても、大変という感情はなく、普通の生活を送ることが出来ました。浪江町には課題がもちろん多くありますが、それらの課題を「大変」ではなく「挑戦へのワクワク」と捉えてみると、被災地というイメージ以上に楽しく、そして大きく身構えずに」普通の生活を送ることが出来ると思いました。
  • 【大学3年(男性)】悲観的ではなく将来を見ている。
  • 【大学3年(男性)】団結力の強さが垣間見れた。
  • 【大学3年(男性)】岩手県外、海外の人達といった様々な価値観を持った人々が交流し、様々なものを生みだしていることを知った。
  • 【大学3年(男性)】地元の人々の生き生きとした人生に触れた。メディアでは語られない真実を知ることが出来た。
  • 【大学3年(男性)】被災地というバイアスがかかった状態で訪れたのですが、街のみんなが前向きで、本当に温かい気持ちで生活し、復興を進めているということを感じた。
  • 【大学3年(男性)】住みやすい場所だった。
  • 【大学3年(男性)】温かい方が多かった。
  • 【大学3年(男性)】南三陸町は初めてだったものの、これまでに何回か葦を運んだことが会った。
  • 【大学3年(男性)】正直言って、あまり震災のことに触れる機会がなかった。町中には津波の到達水位を示す看板がちらほら見られたが、気仙沼市街地に関してはそこまで高くなく、正直この程度なのかと思った。一方で、本来中心市街地であるはずの地区で未だかさ上げ工事が行われており、復興は未だ道半ばなのだなということを痛感した。また、南三陸町や陸前高田市を訪れる機会があったが、地域によって復興の差が大きくあるようにみえた。
  • 【大学3年(女性)】復興が進んでいるイメージがあったが、まだ進んでいないところもあり、まだまだこれからだと感じた。
  • 【大学3年(女性)】皆さんが明るく元気に楽しく暮らしている。
  • 【大学3年(女性)】内陸部ということもあり、自分の地元とほぼ同じような状況、また沿岸部と比較しても大分落ち着いていたので被災地という意識をもって接しませんでした。ただ現在も震災の影響は少なからず受けていて、それらに対する姿勢や考え方は被災地としてではなく、福島県の中の一つの地域としてとても良い印象を感じました。
  • 【大学3年(女性)】震災後からいろんな人々が被災地に訪れて街も急激に復興していったんだろうなと思うくらい、優秀な人達が沢山活動していたり、街は綺麗に、イメージとは違った活力ある街でした。でも、復興需要の低下であったり、まだまだソトモノ文化が残っていたりする部分もあり新しい課題が時代の波に合わせて出てきているなと感じた。街は綺麗になっても震災を忘れてはいけないと感じた。
  • 【大学3年(女性)】宮古の人の強さを感じられた。
  • 【大学3年(女性)】石巻は特に、被災したことによって街全体の活気が上がったと思います。被災したことで生まれた新たな取り組みや、サービスが生まれていて、それが街に良い影響を与えているのが目に見えて分かったので、とてもいいなと思いました。
  • 【大学3年(女性)】熱い思い持っている人が年代問わずこんなにもたくさんいる。
  • 【大学3年(女性)】力強く生活している人が多くいた。
  • 【大学3年(女性)】もともと震災当時は宮古市に住んでいたが、秋祭りなどのイベントを見ても、そこに住んでいる人々の活気は失われていないと感じた。
  • 【大学3年(女性)】地域の方が頑張ってることを肌で感じた。
  • 【大学2年(男性)】実際にその地に住んだことがなく、被災前や被災後について具体的なイメージが無かったので非常に良いとも言えず悪いとも言えない。
  • 【大学2年(男性)】人々が活気に溢れていた。
  • 【大学2年(男性)】住民さんの温かみを感じた。
  • 【大学2年(男性)】震災に負けずに乗り換えようという姿勢を感じた。
  • 【大学2年(男性)】地域資源を自分の身体で体験してとても学ぶことが多かった。
  • 【大学2年(女性)】地域の人は本当に良い人ばかりだった。
  • 【大学2年(女性)】人が暖かい。
  • 【大学2年(女性)】整備されて綺麗な街並みになり、人もとても暖かかった。
  • 【大学2年(女性)】周りの大人たちのこれまで歩んできた道を知ることができた。
  • 【大学2年(女性)】人の温かさを感じた。
  • 【大学2年(女性)】町がとても整備されていた、私の住んでる地元よりも住みやすいと感じた、また町の人が1つになって石巻を盛り上げようという気持ちがイベントや実際に話すことを通して感じられた。
  • 【大学2年(女性)】震災が起こったことで、新たなコミュニティや、企業での取り組みが行われている。
  • 【大学2年(女性)】地域の方々は、確かにがんばろうとしていたが、ある地方公務員に「高田は何人も死んだが、大船渡(自分のところ)は1人しか死ななかった。」という意見に対して、疑問を覚えた。
  • 【大学2年(女性)】お祭りなど、釜石の地元の方達と交流する機会が多く、非常によく地域の人たちについて知ることができ、またとても良くしていただいた。とても豊かな自然に触れることができた。
  • 【大学2年(女性)】震災から7年経った今、復興が進み街に賑わいがもどりつつあると思う。でも、震災のことを忘れることなくこれからにつなげていくことをしている人もいて素敵だなと思った。
  • 【大学2年(女性)】私が会った人たちは前向きで活動的
  • 【大学2年(女性)】被災地に対するイメージをこれまでに持ったことがなかった。
  • 【大学2年(女性)】震災のことは風化させず、でも前を向いていたことが感じられた。
  • 【大学1年(男性)】震災に対して抱えているそれぞれの思いを聞くことができたことはとても大きかった。震災について、共有している部分がありながらも、思いは異なっている部分もあり、私が震災について深く考えるきっかけをいただいた。
  • 【大学1年(男性)】被災ムードがなく、活気があった。
  • 【大学1年(男性)】地域のために震災にめげずに仕事に励んでいる姿を見た。
  • 【大学1年(男性)】被災地で暮らす人々と触れ合えた。
  • 【大学1年(女性)】2回目の南三陸でのインターンだったので、町の雰囲気などは知ってたため、そこまでイメージが変わらなかったが、違う企業に滞在することによって、以前よりもっと企業と町の結びつきを感じた。
  • 【大学1年(女性)】復興から立ち上がっている様子が伺えた。
  • 【大学1年(女性)】企業さんの手厚いサポート、女川町の雰囲気の良さ
  • 【大学1年(女性)】元々知人がいて浪江や富岡には何度も行っていており、悪いイメージは全くなかったので、そのままだった。ただ個人的に「被災地」に対するイメージとして選択肢が良い、悪いというのは違和感があり選択しづらい。
  • 【大学1年(女性)】西日本豪雨への募金箱にかなりの額が入っていて驚いた。
  • 【大学1年(女性)】石巻が未だに被災地というイメージを持っていない。
  • 【大学1年(女性)】関わった人たちから活気に溢れた側面が見えた。
  • 【大学1年(女性)】受け入れ先企業の立地している場所は被災地エリアではあったが、大きな被害を受けた訳ではないようだった。そもそも、「被災地」というイメージをあまりもてなかった。
  • 【大学1年(女性)】テレビなどでは復興は終わったかのように報道されているが、実際は進んでいないところも多く、なぜ事実を正しく伝えないのかと疑問に思いましたが、訪問して地域の人から震災のお話をたくさん聞いて、また街を回ってみて分かることもあり、お話を聞いて皆さん前向きで明るかったです。
  • 【大学1年(女性)】今まで津波があった場所という認識しかなかったが、復興の状況や地元の方の思いまで知り、自分の中で問題意識をもつことができた。
  • 【その他(女性)】地元
  • 【その他(女性)】自身も被災地と呼ばれる県出身ということもあり、大船渡を被災地としてしか知らなかったが、どんな被害があったのか人づてで教えて頂けたり、どんな現状があるのかこの目で見ることができた。

問い3 1DAYや2DAYSのインターンシップと異なる魅力やあなたの成長に役立ったと思える要素は何でしたか?

普段関わることのない年齢、専門性を持った人と深くかかわれる。

【大学院1年(男性)】

深いところまで詰めることができ、困難にしっかりと直面できる。

【大学4年(男性)】

1DAY2DAY のインターンでは時間が足りなく、吸収できることに限りがあると思いますが、今回のインターンでは様々な方とお会いしお話を伺うことができ、また、コーディネート団体や企業の方との距離も近く、とても充実したインターンだったと思う。

【大学3年(女性)】

シェアハウスでの生活はかなりよかった。みんなで切磋琢磨したり励ましあったりした。

【大学2年(男性)】

一か月という長い期間があったため、振り返りや他のインターン生と交流できたため自分と比較して、自身を見つめなおすことができた。

【大学1年(男性)】

もっと見る

  • 【大学院2年(男性)】1日のインターンシップではその会社の良い部分しか見せてくれない。しかし、今回のインターンシップでは良い部分も悪い部分も見せてくれた。その悪い部分を解決しなきゃという想いが強くなったので、1ヶ月のインターンの意義があったと感じた。
  • 【大学4年(女性)】期間が長いほど、やりたいことの幅が広がる。お互いに悩みを相談し、励まし合える。これから解決すべき課題がある。
  • 【大学4年(女性)】色んな人に出会えた。
  • 【大学4年(女性)】地域の人の場所づくりというのが私の将来の目標の一つにありました。今回はまちづくりなみえとして新しくオープンするカフェの運営に携われるということで、自分の将来の目標に近づく第一歩として経験させていただきました。
  • 【大学3年(男性)】宿泊での交流での外部からの交流がありそこでの価値観の変化ができたと思う。
  • 【大学3年(男性)】色んな価値観を持った人とかかわることにより、新たな気づき・学びをすることができた。また、人とかかわることによって、自分を客観視することができた。
  • 【大学3年(男性)】一か月という期間でここまで達成すればいいという具体的な限界点がないため、自分の能力を存分に発揮し、なにが足りないのかを実感できるし、その考えをもとに自分なりにそのプログラムにたいして取り組むことができる。
  • 【大学3年(男性)】普段は社会人と話せる場がなかったので良い経験になったと思う。
  • 【大学3年(男性)】1日では体験できない事があった。データ分析から結果の分析まで行えるのは1ヶ月あったからだと思う。社会人の話は非常に面白かった。自分にはまだ学ばなければいけないという事がわかった。
  • 【大学3年(女性)】経営者と直接関われたことで新鮮だった、自分が思ってる以上に経営は大変だとゆうことを知れた。
  • 【大学3年(女性)】1DAYや2DAYは見学、体験といった表面的なものになってしまうのではないかと思いましたが、約一か月という長期期間企業に触れるということで、より企業や地域への理解が深まり、自分の視野も広がり、コーディネート団体や他の参加者との交流によって自分の友好関係も広がったり、協力していく考え方や行動の仕方を学ぶことが出来ました。
  • 【大学3年(女性)】ワンデーやワンウィークと違って長い期間割くからこそ大きなプロジェクトが出来るし、コーディネート団体のサポートがあるからこそのプロジェクト達成だと感じた。
  • 【大学3年(女性)】ゲストハウスで毎日人と話せる空間は本当に良かった。
  • 【大学3年(女性)】1ヶ月間、企業の方と直接かかわりながら作業し、ブラッシュアップをしてベストな形に持っていくということは経験したことがなく、とても勉強になりました。また石巻だったからこそ、被災地印象や活動内容に刺激を受けました。
  • 【大学3年(女性)】他のインターンでは会社の経営的な視点から考え抜くことは少ないと思う。
  • 【大学3年(女性)】貴重な体験ができたと感じました。
  • 【大学2年(男性)】それだけ大変で良い刺激になった。
  • 【大学2年(男性)】面白い。
  • 【大学2年(男性)】他の大学の人たちと交流して自分の周りにはいない価値観を持っていたから刺激になった。
  • 【大学2年(女性)】自分1人ではなく、多くの人と関わったという経験が自分を大いに成長、感化させたと思う。
  • 【大学2年(女性)】長く関わることによって、人間関係も構築される。
  • 【大学2年(女性)】実習の長さが長いようで短く、その期間でプログラムを成功させなければならないため、コーディネーターはそれを手助けする。そのコーディネーターに喝を入れられることで成長する。
  • 【大学2年(女性)】たくさんの人と長い期間接することでより深い仲になることができた。
  • 【大学2年(女性)】様々な性格や他地域の人と関わることができた。
  • 【大学2年(女性)】シェアハウスをするのでたくさんの学生と交流できる、また長期間のインターンシップなので経営者の方とも人間関係を構築できる、信頼できるコーディネーターの方々との関わりなど刺激になる人とたくさん出会えたことによって自分の価値観が広がったと思う。
  • 【大学2年(女性)】1ヶ月あることで、様々なことを考え試行錯誤できた。他の学生の活躍で学生でここまでできるのかととても感動した。経営者と関わることで、社会や働くことに興味を持てた。
  • 【大学2年(女性)】やはり1ヶ月という長さが、自分へのプレッシャーであり、考え抜く要因になった。
  • 【大学2年(女性)】短いながらも地域に根を張った活動をしたからこそ得られたものがあったと思う。
  • 【大学2年(女性)】他のインターン生や企業さんと関わる機会が多くて、たくさんのことを学べた。
  • 【大学2年(女性)】インターンシップだけでなく、シェアハウスでも同世代で違うバックグラウンドの学生との出会いがあったことが、よい刺激になったと思う。
  • 【大学2年(女性)】他の参加者から学ぶことが多かった。
  • 【大学2年(女性)】疲れが来る前に力を出しきれることと、時間を意識しながら行動できることから1ヶ月という期間はとてもインターンに適していると思う。
  • 【大学1年(男性)】特に石巻フィッシャーマンジャパンは全員でシェアハウスだったり、サポートが万全であったりして、自分をうまく順調に成長させてくれるだけの環境があった。
  • 【大学1年(女性)】他のインターン生との交流により刺激を受けることができる。
  • 【大学1年(女性)】企業さんと連携がとても取りやすかった。
  • 【大学1年(女性)】長いからこそできるのが以上の項目であった。
  • 【大学1年(女性)】数日間では形成し難い人との関係性の中で仕事ができた。
  • 【大学1年(女性)】これらのおかげで非日常を味わえた。
  • 【大学1年(女性)】社長と一対一、顧客は他社の社長という環境下だったこと、それが中小企業だったこと、シェアハウスで他企業のインターン生と話が出来たこと。以上の3点から「自分はここまで踏み込んでいいのか」「これをやっても大丈夫なのか」と自分のやるべきことが良く見えた。また、同じような悩みを抱えたインターン生がいたことで安心感というか、余計に落ち込まず前に進むことが出来た。
  • 【大学1年(女性)】長いからこそ、じっくり話ができる。少しずつ成長していく自分を感じることができた。インターン後の自信にも繋がる。正しい方向で頑張れているのが、不安にならずに、コーディネート機関にサポートしてもらえてよかった。地に足をつけて努力できた。我武者羅にやるより効率的に成長できたと思う。これからの若者の育成に大変理解のある経営者の方で、たくさんの話を聞いてもらったし、うかがえた。
  • 【大学1年(女性)】職場体験とは異なり、一社員として企業が抱える課題についてどうすれば良いか考え、計画を立て、行動するという全て自分たちで行動するという責任を持つことができ、企業の方から沢山のこと教えていただき、社長や受け入れ先の方との距離が近く、地域の方と話したり出かけたり、また他のインターンシップ生とそれぞれの目標達成に向けてお互いに切磋琢磨しあえる。
  • 【大学1年(女性)】長いからこそ楽しさや苦しさ、達成間を感じれた。また、経営者の生の声を聴くことで、今学ばねばならない事やこれからどんな精神でいったらよいかを確認できた。

問い4 今回のインターンを通して、最も印象に残ったことは何ですか?

社長の奥さんに「あなたたち(インターン生)が来てくれたことで、忘れてた大事な思いを思い出した、諦めかけてた時もあったけどやっぱり頑張らなくちゃなって2人が思わせてくれた」と言われたこと。1ケ月頑張ってきてよかったなと心から思えた瞬間でした。

【大学3年(女性)】

たくさんの素敵な方との出会い

【大学2年(女性)】

試行錯誤を繰り返して完成したオリジナルの商品を商談でプレゼンできたこと。

【大学1年(女性)】

今回のインターンでは、企業全体(社員、社長も含む)と関わる機会が多く、企業全体でのつながりを日々感じれたことが印象的だ。やはり、地域の中小企業だからこそ、やったことが結果として現れやすいというのが特徴であることが感じられ、とても良かったと思う。

【大学1年(女性)】

実習生同士が各研修で真剣に自分のこれからの仕事について話していたこと。

【大学1年(女性)】

もっと見る

  • 【大学院2年(男性)】5歳差のメンバーと交流できたこと。どちらかというと悩んでることが多かったが、本音で語り合い思いを共有した結果、お互いを理解することに繋がった。そして、その経験が成果物に反映されたのが印象に残っている。
  • 【大学院1年(男性)】放血神経締め
  • 【大学院1年(男性)】秋祭りでの出店
  • 【大学4年(男性)】ヒトとの繋がり
  • 【大学4年(男性)】社長との関わり
  • 【大学4年(女性)】漁師さんとの交流
  • 【大学4年(女性)】企業の方やコーディネート企業の方はもちろん、地域の様々な方と触れ合う機会があったこと
  • 【大学4年(女性)】人々の優しさ
  • 【大学4年(女性)】ひとつは町内の出入り人口の多さです。平日の日中は作業員の方が多く町内を出入りしているためとても人が多く活発な印象がありますが、休日になると、作業員の方は家に帰省するため、人の出入りが非常に少なくなりとても静かな町となる違いに驚きました。2つ目は、ある住民の方から頂いた言葉です。「いつかこの庭にピザ窯を作って友人を呼ぶのが夢」というお話をしていただいたことがありました。帰ってきてもさみしいと思う一方で、夢を持ち続けており、前向きな姿に感動しました。
  • 【大学3年(男性)】石巻の街がとてもあたたかい。
  • 【大学3年(男性)】香港で海外のバイヤーと話ができたこと
  • 【大学3年(男性)】熱意を持った人がたくさんいた。
  • 【大学3年(男性)】全て
  • 【大学3年(男性)】出会い
  • 【大学3年(男性)】自分の強みに気づけたこと
  • 【大学3年(男性)】地元の人々の生き生きと生きる姿。
  • 【大学3年(男性)】町の人のやさしさ、人生観に直に触れることができる体験ができたこと
  • 【大学3年(男性)】浜通り視察ツアーが印象に残っている。
  • 【大学3年(男性)】どうしたら分かりやすく伝わるのか考えたこと
  • 【大学3年(男性)】自分達が企画したものを実際に行い結果まで分析した事
  • 【大学3年(男性)】企画の詳細がほとんど決まっていないところから、オフィス内・移動中の車内でお互いの目指すところを議論したこと
  • 【大学3年(男性)】成果として3万5千字ものレポートを書き上げたこと
  • 【大学3年(女性)】様々な経営者の方と関わらせていただいたこと
  • 【大学3年(女性)】受け入れ企業の家族が、とても素晴らしい人たちでした。
  • 【大学3年(女性)】インタービューや地元を歩いて、多くの方と話ができたこと
  • 【大学3年(女性)】企業から与えられた課題に、苦手を克服するために取り組んだために躓いてしまったことがあったことです。結果予定していたスケジュールから大幅にずれてしまい、期間内に終わらせることが出来なくなった項目などが出来てしまいました。もう少し積極的に話をしたり、質問をしに行けばよかったなと思いました。
  • 【大学3年(女性)】秋祭りでの販売をしたこと。まさか自分が原料を買って調理して販売までするとは思わなかった。
  • 【大学3年(女性)】普段自分が関わることは無い、漁師さんとの出会いです。純粋に、仕事内容を全く知らなかったの知れてよかったですし、いい経験もさせていただきました。みなさんどの浜でも暖かく受け入れてくださり、とてもいいコミュニティでした。
  • 【大学3年(女性)】地域の人と会社の人間としてだけではなく、『自分』として話し合えたこと
  • 【大学3年(女性)】社員の方々とコミュニケーションが上手く取れた事
  • 【大学3年(女性)】・秋祭り出店準備(メニュー開発・チラシ作成)、・藤原小学校における食育活動
  • 【大学3年(女性)】飲み屋で、知り合いの方によくお会いすること。噂がすぐ他の人に伝わっていること。
  • 【大学2年(男性)】試食会を開催したこと
  • 【大学2年(男性)】人と人の繋がりが町おこしに影響があると感じたこと
  • 【大学2年(男性)】色々な人が世の中にはいるということ
  • 【大学2年(男性)】ターゲットに対して有効だと考えた行動でも、実際に行動してみると上手くいかないことがあったので検証は大切であると感じた。
  • 【大学2年(男性)】普段話すことができない方々とのお話をできたこと
  • 【大学2年(男性)】主催したイベント
  • 【大学2年(男性)】顧客さんに食事に招かれたこと
  • 【大学2年(男性)】地域資源を肌で感じながらインプットしてそれをアウトプットする難しさ
  • 【大学2年(男性)】イベント当日の参加者の反応
  • 【大学2年(女性)】お話を聞く上で震災当時の思い出を語る人も少なくなかったが、多くの人がそのようなデリケートな話題について真剣にそして笑顔で話していたことが印象に残っている。
  • 【大学2年(女性)】シェアハウスでの生活
  • 【大学2年(女性)】難しい課題が出されて、ペアの子と長い時間かけて目的や目標を考え、結果実際に企業が今後使える作品を作り上げられたこと
  • 【大学2年(女性)】自分がどれだけなんの能力もない人間なのか思い知らされたこと
  • 【大学2年(女性)】人の繋がりがすごい。みんないろんなところでさまざまなことで頑張っている。
  • 【大学2年(女性)】関わる人の一人ひとりが自分自身のプロジェクトを進める上でのモチベーションに繋がったこと
  • 【大学2年(女性)】地域のコミュニティが狭く、若者が少ないため若者同士の結びつきが強いこと
  • 【大学2年(女性)】みんなでゴールややり方などを考えていくことの大変さと大切さ
  • 【大学2年(女性)】自分も企業の一員として活動できたこと
  • 【大学2年(女性)】1ヶ月間最後まで悩み続けたことも他の学生との共同生活もとても印象に残っていますが、私は成果報告会が一番印象に残っています。発表を終える直前に1ヶ月間のことを思い出し泣いてしまいました。その時にコーディネーターの方と一緒に住んでいた人が一人泣いていたのを見てびっくりしました。私は人前で話すのが得意な方ではありませんでしたが、自分の発表から想いが伝わったのかと感じて嬉しくなったからです。
  • 【大学2年(女性)】同じ企業でインターンをした学生とのコミュニケーションがうまくいかず試行錯誤したこと
  • 【大学2年(女性)】いろんな方々との交渉
  • 【大学2年(女性)】輝いているたくさんの方たちとの出会い
  • 【大学2年(女性)】誕生日パーティーのときにみんなで「インターンに参加した理由」を語り合ったこと
  • 【大学2年(女性)】シェアハウスで同じインターン生と過ごしたこと
  • 【大学2年(女性)】仲良くなった地域の方が、お別れの際に、本当に残念がってくださったこと
  • 【大学2年(女性)】地域の人々との交流
  • 【大学1年(男性)】企業先でのプロジェクトを行ったこと
  • 【大学1年(男性)】企業を回る中で、今まで触れることのなかった数の経営観に触れることができたこと。ゲストハウスでの1ヶ月の生活。
  • 【大学1年(男性)】自分たちのしていることがわからなくなって、担当者と話し合いをしたこと
  • 【大学1年(男性)】新規取引先企業との意見交換
  • 【大学1年(女性)】成果物が出来たこと
  • 【大学1年(女性)】企業の強力なサポート体制
  • 【大学1年(女性)】地元で行われていた筒木原のお祭り
  • 【大学1年(女性)】1ヶ月間自分やペア、ミッションに対して向きあえたこと
  • 【大学1年(女性)】インターン生の顔つきや性格が変わっていくのを間近で見てきたこと
  • 【大学1年(女性)】インターン期間中に起きた北海道の地震の際に、ひどく揺れて死を思った。そのときに、「今こんなに充実してて幸せで、これからもっとわたしは成長していくばすなのに、ここで死にたくない!」と思った。そのくらいこのインターンが自分の中で大きいものになっていたと感じた瞬間だった。
  • 【大学1年(女性)】企業や地域の方との距離がほんとに近く、また初めての土地でゼロから始めて目標に向かって計画を立て、それを実行することができ、多くの人と色々な形で関われたことが印象に残っています。
  • 【大学1年(女性)】被災地にはたくさんのお金が使われているが、地元の人と話をしていて、意外と好意的に受け入れられていないのかもと感じたこと
  • 【その他(女性)】園長先生とのお話
  • 【その他(女性)】コーディネーターの方が、課題感や想いを共有してくださり、企業の方や一緒に活動した子との少しのギャップさえ埋めてくださったことでとても学びの多い活動にすることができました。
「復興・創生インターン」日本最大級の2019年夏休み実践型インターン参加学生募集中!!東北の被災地で挑戦しよう!
被災地企業・団体の経営課題に対し、経営者と力を合わせ、課題解決プロジェクトに挑戦するインターンシップです。充実のサポート体制で安心してインターンシップができます。